学費・サポート

学費について

おおよその学費は、下記のとおりです(前年度分を参考)。

内訳 1年生 2年生 3年生
入学金 200,000円
授業料等 授業料 300,000円(※1) 300,000円(※1) 300,000円(※1)
教育充実費(実習費等) 60,000円 60,000円 60,000円
その他 テキスト代 約130,000円 約60,000円
実習衣 48,000円
諸経費(学生自治会費、傷害保険等) 20,000円 20,000円 20,000円
納入額合計 758,000円 440,000円 380,000円
3年間で必要な金額(概算) 1,578,000円(※2)

※1 4月・10月の2回、15万ずつ分納となります。
※2 上記金額はおおよその金額です。その他に必要な費用もありますのでご了承ください。

学生寮費について

寮費(月額) 23,000円~24,000円
設備費(入寮時) 50,000円

※水道光熱費は実費負担となります。

学生サポート・奨学金

高等教育就学支援制度

2020年4月から、大学・短大・高等専門学校・専門学校での学びを支える国の新しい修学支援制度「高等教育の就学支援新制度」がはじまりました。この制度では、授業料等の減免や給付型の奨学金の2つの支援があります。

※対象や申請方法など制度についての詳しい内容は、文部科学省のホームページよりご確認ください。

奨学金

<八鹿病院修学資金>

卒業後、公立八鹿病院(村岡病院を含む)に勤務しようとする学生に対して、当病院の看護師・助産師の職員の充実をはかるために、修学資金を無利子で貸与する制度です。
月額5万円以内とし、組合管理者・学校長が認めた者となります。 選考は、学業成績、健康、人物の基準の項目を総合的に判断します。

<日本学生支援機構奨学金>

経済的理由により、修学に困難がある優れた学生などに対し、学資の貸与を行う制度です。
奨学金には第一種(無利子)と第二種(利息付)があります。第二種は、貸与月額は、3万、5万、8万、10万、12万と選択制です。選考は、人物、健康、学力、家計の各項目を総合的に判断します。入学後に受け付けています。卒業後は貸与を受けた奨学金の返還を確実に履行する義務があります。

教育訓練給付制度(一般教育訓練給付・専門実践教育訓練給付)

本校は、教育訓練給付(専門実践教育訓練給付)の対象となる学校に指定されています。

教育訓練給付制度とは、労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し終了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。

yoka hospital