ともしびの儀を執り行いました

5月28日(金)「ともしびの儀」を執り行いました。
式ではナイチンゲール像より「ともしび」を分けていただき、力強く「誓いの言葉」が述べられました。

この「誓いの言葉」は、個々の看護観を見つめ直すと共に、看護として大切なことは何かを、クラスで何度も話し合い決定されたものです。

これから実習などでいろんな経験をしていきます。「誓いの言葉」でも述べていたように、看護の道を志す者としての自覚と知識・技術を持ち、誠実な心で看護を探究し続けてほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
yoka hospital